野に咲く花

八戸市の精神科・神経科・内科

外観全景

Matsudaira Hospital

Social medical corporation

仮ロゴ

病院の理念-当院が大切にしていること

人間の尊厳と人間愛に基づく医療

全ての人に奉仕の心をもつ人間的な医療

全ての人に安心と信頼を与える誠実な医療

全ての人と共に生き共に考える医療

仮ロゴ

精神医療は信念と自信を持つことで希望が開ける―

松平病院は診療に加え、精神障害者の自立訓練や就労支援にも力を入れており、カフェレストラン茶居花、工房茶居花(そば処・珈琲館)、居住施設をかねるベル・エポック、エーデルワイス、共同住居である白樺荘などの 病院付属施設を利用して、接客、クリーニング、厨房、園芸、販売やパン・ケーキ、ドッグフード作りなどの作業を行いながら、自立した生活や社会復帰に必要な技能の習得とその援助を長期にわたって積極的に行っております。

クローバー手持ち

当院の診療・事業内容

地域に貢献できる高度な精神医療および福祉の充実

仮ロゴ

松平病院は充実の外来診療・入院施設に加え、精神障害者の自立訓練や就労支援のための福祉施設等、ドッグセラピーといった新たな試みも積極的に取り入れています。

待合室
外来診療

精神科・神経科・内科

​禁煙外来・訪問看護なども行っています。

入院部屋
入院施設

182床の充実の設備です。作業療法など各種プログラムも充実しています。

工房 茶居花
福祉施設

カフェレストラン茶居花、工房茶居花、

ベル・エポック等を運営

犬のいる暮らし 家族
アニマルセラピー

セラピードッグの訓練を受けた専門犬と心の触れ合いを通した療養

理事長あいさつ

地域において必要とされる精神科医療を

松平病院は昭和39年、前院長である松平昭現名誉院長が現在の地に病院を開設したのが始まりであり、半世紀を迎えようとしております。

平成8年に医療法人となり、平成23年12月には、営利を目的としない公益性の高い医療法人である社会医療法人として認可されました。青森県の精神科病院では最初のものであり、地域において必要とされる精神科医療を安定的に提供できる体制が整ったといえます。

ところで厚生労働省によると、精神疾患の患者数はここ10年間で1.5倍に急増しており、多いとされている癌や脳血管疾患、糖尿病などの患者数をはるかに凌駕していることから、平成23年、癌・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病の「4大疾病」に精神疾患を加えた「5大疾病」とし、重点対策を進める方針を発表しております。

持続するストレス社会にその一因があるのは確かだと思われますが、精神疾患の治療が一般に長期に及ぶことが多く、社会復帰が困難な場合が少なくないことも無縁ではありません。

 

松平病院は以前から精神障害者の自立訓練や就労支援に力を入れており、カフェレストラン茶居花、工房茶居花(そば処・珈琲館)、居住施設をかねるベル・エポック、エーデルワイス、共同住居である白樺荘などの 病院付属施設を利用して、接客、クリーニング、厨房、園芸、販売やパン・ケーキ、ドッグフード作りなどの作業を行いながら、自立した生活や社会復帰に必要な技能の習得とその援助を積極的に行っております。

また、家族教室を定期的に開催しており、ユニークなものとして工房茶居花の看板犬によるアニマルセラピーも行なっています。

 

これからも急性期治療だけではなく、このような精神科リハビリテーションや家族心理教育の取り組みを通して、地域に貢献できる高度な精神医療および福祉の充実を目指して行きたいと思っております。

理事長サイン
虹と青空と木

アクセス

所在地   青森県八戸市大字新井田字出口平17

T E L      0178-25-3217

車でお越しの場合

八戸市街より国道45線で階上・久慈方面へ車で約20分
八戸ICより車で国道45号線で階上・久慈方面へ車で約30分
JR八戸駅より国道45号線で階上・久慈方面へ車で約25分

公共機関でお越しの場合

八戸市営バス・南部バス 出口平停留所より徒歩で約5~6分
南部バス 桶屋平停留所より徒歩で約6分

当院へは八戸市営バスと南部バスで来院できます。
以下の停車駅へのリンクは、各バス会社さんの検索結果のページが表示されます。
ご自宅付近の停留所からの情報や、最新の時刻表を知りたい方は、各バス会社さんのページでご確認ください。